これは記事の個別表示です。一覧表示はメニューを選択してください。

PC-Talkerの新しい機能(要約)

 

    [1]PC-Talkerについて

 現在Windows10に対してのPC-Talkerは3種類あります。

 従来のPC-Talker 10・PC-Talker Neo・PC-Talker Neo Plusです。

  ○販売形式が変わりました

 これまでのPC-Talker10は1度購入すると、その後はずっと使用することができま

した。

PC-Talker Neo・PC-Talker Neo Plusはサブスクリプションという形式になり、月単

位、年単位という期限付きでの購入となりました。期限が切れて、更新購入がない場

合は、PC-Talkerは動作しなくなります。

  ○サポートについて

 PC-Talker 10は2022年7月31日までサポートがあります。その後、windows10の

Updateによる変更への対応はありません。極端な変更がなければたぶんその後も動作

するでしょう。ただ、音声の対応の悪いソフトが読めるようにはならないでしょう。

それよりも今まで音声の対応ができていたソフトが、ソフトのUpdateによって音声の

対応ができなくなることもあるでしょう。

PC-Talker Neo・PC-Talker Neo Plusは、Windows10のUpdateによる変更に対しても常

に最新の対応となります。

  ○価格について

 ●PC-Talker 10

買取型(サポート終了日固定)

38,000円(税抜)

自費・法人・団体・給付利用の場合、価格は同じ

2020年9月30日販売終了

2022年7月31日サポート終了

 ●PC-Talker Neo(Netreader Neoは付属していません)

価格(利用期間5年) 40,000円(税抜)(年8,000円)

自費割引(利用期間3年) 18,000円(税抜)(年6,000円)

自費による自動継続の場合、月々500円程度

法人・団体様や給付利用の場合、自費割引は適用されません。

●PC-Talker Neo Plus (Netreader Neo付属)

標準価格(利用期間5年) 60,000円(税抜)(年12,000円)

自費割引(利用期間3年) 27,000円(税抜)(年9,000円)

法人・団体様や給付利用の場合、自費割引は適用されません。

    [2]Netreaderについて

  現在、Netreader2とNetreader Neoが販売されています。

  ●NetReaderⅡ

買取型(サポート終了日固定)

 価格  28,000円(税抜)

自費・法人・団体・給付利用の場合、価格は同じ

Netreader2は、PC-Talker Neoには対応しておりません。

2020年9月30日販売終了

2022年7月31日サポート終了

 ●Netreader Neo

単体での販売はありません。

PC-Talker Neoをご利用中に、PC-Talker Neo Plusにアップグレードされる場合は、

月々250円程度の追加料金で乗り換え可能

    [2]Netreaderについて

 Netreader2はinternet explorerから情報を得てホームページを閲覧しています。

また、Internet explorerはHTML5.0の対応が不完全のまま既にサポートを終了してい

ます。

Netreader Neoは二つのモードがあり、Netreader Neo クラシックモードは、

internet explorerから情報を得てホームページを閲覧しています。

Netreader2とNetreader Neo クラシックモードは、Internet explorerをペースにし

ている以上、既に読めなくなっているホームページの数が、今後更にその数が増えて

行って、改善される可能性はありません。

 それに対して、Netreader Neo Neoモードは、Chromium(クロミウム)から情報を得

てホームページを閲覧しています。

現在google chromeもmicrosoft EdgeもOperaもChromiumをペースとしています。

oogleが主導して開発してるChromiumはオープンソースプロジェクトの名称で、製品

名称はChromeとなります。Chromiumにいろいろな機能を付けたものがChromeです。

Internet explorerもChromiumもブラウザです。なので、ホームページからHTMLを取

ってくるHTMLレンダリングエンジンというコアの部分があります。

Internet explorerはTrident、ChromiumはBlinkです。

Blinkは、KHTMLからWebkitへ、そしてBlinkと分岐されてきています。

ちなみに、FirefoxはGecko、一部Servoで、SafariがWebkitです。

iOSではWebkit以外のレンダリングエンジンを使用する事が禁止されているそうです。

iOS上で公開されているGoogle ChromeやFireFoxなどはレンダリングエンジンに

Webkitを使っているのでしょう。

google chromeもmicrosoft EdgeもOperaもChromiumもiOS版chromeもFirefoxもSafari

もレンダリングエンジンのWebkitに大なり小なり関わっていることになります。

このようなことからNetreader2のユーザーは、将来Netreader Neoへの乗り換えを検

討する必要があります。

また、Netreader10ではNetreader Neoは対応していませんので、PC-Talker 10からPC

-Talker Neo Plusへの買い替えも検討する必要があります。

また、PC-Talker NeoにはNetreader2は対応していません。

PC-Talker NeoはChromeとFirefoxに正式対応しました。なので、ChromeとFirefoxの

頻繁なバージョンアップで生じた読み上げ操作の不具合に対しては、早期にPC-

Talkerの修正、対応バージョンをリリースしていくそうです。

PC-Talker 10もchromeとFirefoxに対応していると言うことですが、正式とは書かれ

ていませんので、早急の対応は不明です。

Chromeは、Googleのホームページからダウンロードしてインストールします。

Chromeは、現在、https://www.google.com/chrome/ からダウンロードできます。

Chromeは、数ヶ月に1回の頻度でバージョンアップを繰り返し、最先端技術への対応

や、新機能が追加されています。バージョンアップによって、閲覧するWebページの

内容が変わることはありませんが、画面構成や機能、Chromeの使い方が変わる場合が

ありますので注意が必要です。

Firefoxは、Mozillaのホームページからダウンロードしてインストールします。

Firefoxは、現在、https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/ からダウンロードで

きます。

FirefoxもChrome同様に、数ヶ月に1回の頻度でバージョンアップが行われます。バー

ジョンアップによって、閲覧するWebページの内容が変わることはありませんが、画

面構成や機能、Firefoxの使い方が変わる場合がありますので注意が必要です。

 レンダリングエンジンについては、次のページを参考にしました。とてもよくまと

められています。

レンダリングエンジン - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3

Webブラウザ、レンダリングエンジン、JavaScriptエンジンを整理して図視化してみ

た - Qiita

https://qiita.com/umashiba/items/8cb47825624c5cb043d6

    [3] PC-Talker Neo・PC-Talker Neo Plus

 PC-Talker NeoとPC-Talker Neo Plusの違いはPC-Talker NeoにはNetreader Neoが

付属しておらず、PC-Talker Neo PlusにはNetreader Neoが付属していることです。

また、PC-Talker 10とPC-Talker Neo・PC-Talker Neo Plusの違いはいくつかありま

す。

 ●安心安全設定

 初期設定で安心安全設定になっています。この安心安全設定になっているとPC-

Talkerの設定コマンドのショートカットが無効になり、ショートカットを実行しても

無効となります。

初心者の方が間違って操作して、設定を崩してしまうことを避けるためでしょう。

 これを解除するには、AOKメニューのPC-Talkerの設定、もしくは、Ctrl+Alt+F12で

PC-Talkerの設定画面を開きます。

ユーザー補助設定の中の「安心安全な使い方で操作する」のチェックを外します。

また、この設定画面の中には、「最新版への更新を起動時に案内する」という項目も

増えています。